京都のバイクショップ レオタニモトは、新車販売・中古バイク・バイク買取・修理・バイク用品販売レオタニモト

京都のバイクショップレオタニモトグループ各店では、ビックバイクからスクーターまで豊富な品揃え

新着情報

2017年7月15日暑さ対策はインナーから

暑さ対策はインナーから
梅雨明け宣言が出そうなほどの猛暑日が続く京都です。
湿度は高く、雨はいつ降ってもおかしくないのにあまり降らない、おかげで毎日蒸し蒸しで昼間にバイクに乗れば止まった瞬間に汗だくです。
メッシュジャケットを着ても汗が溜まってベタベタになってしまうという方、ジャケットの下に来ているインナーは綿のTシャツなど着ていらっしゃらないですか?
綿素材は肌触りもよく吸水性もあって汗を吸ってくれるところまでは良いのですが、生地に水分を溜め込んでしまうのでいつまでも湿った状態が続いてしまい、飽和状態になってそれ以上吸えなくなると新たに出た汗は吸い取られずに肌を伝ってしまうのでベタベタになってしまうのです。
最新の速乾性の素材は水分を素早く吸収したあとに表面で拡散して外に排出する作用があります。メッシュジャケットを着ていると、生地表面に吸い出された水分は走行風で素早く乾きさらっとした状態を保ってくれるのです。
インナーを広げた画像は、右のロングスリーブがSoCoolマキシフレッシュという素材を使用していて、こちらは吸汗速乾だけでなく抗菌作用もあり、さらに生地の構造で風が素肌で直接うけるよりも涼しく感じるようになっています。薄い生地の中で大小のホールを組み合わせて流速を高める効果をもたらせています。
左の半袖Tシャツはマキシフレッシュプラスという素材で吸汗速乾、そして抗菌作用が通常の汗臭さを抑えるにとどまらず、加齢臭の元になる成分も大部分を分解してくれるという、ちょっと気になる年齢の方には心強い性能をもった素材です。スメルハラスメントなる言葉が飛び交う昨今、バイクだけでなく日常にもおすすめのTシャツですよ。
これらの吸汗速乾T素材のインナーはメッシュジャケットの下にだけでなく、その特性から透湿防水素材のレインウェアやアウターの中にも最適となります。
ラックの左のボディに着せてあるベストは、今年に何度かご紹介しています水冷のドライクールベスト。
水冷と言っても中に水をいれて気化熱の効果で冷やすので、着ていても濡れることはなくさらっとしています。
暑さが厳しくなるこれからが、この水冷ベストの効果が発揮されます、噂には聞くけど現物を見ることが無いとの声に在庫展示してみました。
構造など詳しい情報は輸入代理店のホームページをご覧ください。

http://www.japex.net/drycoolvest/

さあ、この夏は暑さと上手に付き合ってバイクを楽しみましょう!