SAXXレオタニモト

Just another サイト 京都のバイクショップ レオタニモト デモサイト site

SAXX 代理店 レオタニモト

SAXX 代理店 レオタニモト

サンプルページ

弊社一押し商品

HYPERDRIVE LONG LEG

「BallPark Pouch」構造で摩擦を軽減。機能素材を組み合わせた「Three-D Fit」と、コンプレッションタイプで激しいスポーツにも対応。「Flat Out Seams」で皮膚への負担を軽減し、吸湿発散性、防臭加工も施された逸品です。
高強度のトレーニングのために設計されたHYPERDRIVEは、「BallPark Pouch」を進化させたコンプレッションフィットの力作です。ぴったりとしたフィット感が特徴で、アスリートはより高いレベルのサポートを実感でき、カバー力と安定性も向上します。
耐久性に優れたナイロンパフォーマンスメッシュを使用し、背面中央には通気性を高めるためのパネルを配置しています。

KINETIC HD LONG LEG BOXER BRIEF

「BallPark Pouch」構造で摩擦を軽減。9枚の機能素材を組み合わせた「Three-D Fit」が特徴。
「Flat Out Seams」で皮膚への負担を軽減し、通気性に優れたマイクロメッシュの組み合わせ。抗菌防臭、吸湿性に富んだシリーズです。
「KINETIC HD」は、吸汗速乾・抗菌防臭・通気性といった高機能が詰め込まれたシリーズ。
セミコンプレッションフィットで適度な締め付けと履き心地を実現。普段はもちろんですが、ハードなトレーニングや運動により適したアンダーウェアです。

テストライダーのコメント

全日本モトクロス選手権 IA1クラス ヤマハ ファクトリーライダー 富田俊樹選手

まず驚いたのは、ポジションがきっちり決まり安定しライディングに集中できます。
耐久性も充分にあり、軽快なライディング操作が可能。
MXスパッツを使用していましたが、MXスパッツにはコンプレッションパンツが存在しませんので二重履きをする必要がなくなりました。
二重履きを行なうと、ライディングシッティング時に自分の位置が分からなくなる事があるのですがそれらが正確に分かるようになりました。
汗をかいてもべたつきは感じませんし、常に快適にレースへ集中できそうです。
今までに無い履き心地と、アスリートが一歩上へ行けるアイテムで手放せないと感じました。

全日本モトクロス選手権 IA1クラス ヤマハ ファクトリーライダー 渡辺祐介選手

SAXXを使用してみて、30分のヒート後のお尻の疲労感が少なくなりました。
その他にもインナーウエアのみ着用だと、シートでお尻が擦れてしまったりしたことがありましたが、SAXXを着用してからは一度もありません。
お尻の疲労感が少なくなるため、トラクションがかけやすくなったり、他にも様々な面でメリットがありました。今では欠かせないアイテムの1つです!!

ブランドヒストリー

「SAXX」の始まりは、2006年にさかのぼります。
トレント・キッチュという人物がアラスカの漁業探検で船に乗っていました。彼は冷たくて寒い海洋服で時間を過ごし、局部を擦り傷から守る良い方法がないのか考えていました。
元野球選手であった彼は、キャッチャーミットからヒントを得てパネル化された布ハンモックをひらめきました。14回試行錯誤し、現在の「SAXX」の革新的なテクノロジーを生み出しました。
「SAXX」アンダーウェアはその特許取得済みの「BallPark Pouch」に代表される革新的機能と技術、アイデアが集約されたクラフトマンシップ溢れるアイテムの数々が本国カナダをはじめアメリカでも多くの支持を獲得しています。

BallPark Pouchとは

北米にて特許の革新的新構造。
3Dハンモックポーチがすべてを適切に保ち、メッシュの仕切り構造が肌と肌の摩擦から守ります。縫い目を隠すことにより、擦りむけずに快適です。
ポジションがしっかり決まり、太ももと局部の接触を抑え不快なべたつき、蒸れや擦れを抑制してくれます。「蒸れ」「擦れ」「ズレ」をコントロールし男子諸君の快適なアンダーウェアライフ実現のために貢献することを目的に存在する。
SAXXのボールパークポーチを今すぐ体感し、人生が変わるかもしれない体験を!